助成金

ボランティア活動で助成金が出るの?!

投稿日:2017-07-30 更新日:

今日ご紹介するのは、
大和証券福祉財団が募集する
その名も

ボランティア活動助成

ボランティア活動といっても様々な分野がありますが、
ボランティア活動助成が対象とする活動は

① 高齢者、障がい児者、児童等への支援活動及びその他の社会的意義が高いもの
②「東日本大震災」及び「平成28年熊本地震」の被災者支援のボランティア活動

と定義されています。

また、個人単位ではなく
任意団体、NPO法人、財団法人、社団法人、大学のボランティアサークル等、
ボランティア活動に参加している会員数が5名以上で、営利を目的としない団体・グループが対象となっています。

大学のボランティアサークルでもよい、というのは珍しいですよね。

活動実績は問わないそうですが、設立して間もない団体・グループによる応募に関しては今年度の活動予定が決まっているものに限るそうなので応募時にはお気を付けください。

 

助成金額は

上限金額 1団体あたり30万円

 

気になる助成対象の経費の種類ですが、

・講演やセミナー時における外部講師に対する謝礼金
・活動に必要な旅費や交通費(ガソリン代含む)
・パソコン、プロジェクター、教材、調理器具、ユニホームなど
・食材費、コピー用紙、菓子など
・通信や郵送等、活動の連絡にかかる費用
・会場使用料、会場設営にかかる費用
・パンフレット作成、印刷費
・保険代、家賃、レンタル代等上記経費以外の活動費用

助成対象範囲が広いですよね。ただし、助成金の対象外となる経費もありますのでご注意ください。

 

この夏は各地で災害も多く発生し、多くの方が被害に遭われております。

ボランティア活動での支援をされている方も年々多くなり、その活動の重要性は一人ひとりが他人事ではなく身に染みて感じているかと思います。

このような助成金の存在は、ボランティア活動をする方々の今後の活動の幅を広げ、フットワークを軽くし、更なるムーブメントを起こす原動力になるのではないかと感じております。

結果、周囲の困っている方の手助けにつながっていく・・・

 

ご興味のある方は是非、参考URLをチェックしてみて下さい。

 

募集期間             平成29年8月1日(火)~平成29年9月15日(金)
助成対象期間(領収書の有効期限) 平成30年1月1日(月)~平成30年12月31日(月)

参 考

補助金コンシェルジュ

矢村行政書士事務所
矢村貴子

下記フォームまたは、こちらのメールアドレスへお問い合わせください。

-助成金
-,

Copyright© 補助金コンシェルジュ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.